STYLE社員インタビュー


他社を経験した中途採用社員の視点から会社のこと、働き方のことを聞いてみました。

インタビュー実施:2017年1月

※本ページにはインタビュー実施当時の旧組織名が記載されておりますことをご了承ください。

  • Jさん
    2016年8月
    システムインテグレーション事業部
  • Yさん
    2015年8月
    システムインテグレーション事業部
  • Kさん
    2009年1月
    システムインテグレーション事業部

FCSへ転職した経緯を聞かせてください。

Kさん
現在は業務系システムの開発に携わっていますが、前職は組込系のシステムエンジニアでした。東京にある180人ぐらいの規模の会社で。家庭の事情で故郷に戻ることになりまして。同じ分野へ再就職できたらいいなと思っていたのですが、福島県ではそんなに多くの選択肢はなくて…。FCSの存在は実は知らなかったのですが、ハローワークで検索したところ、こんな大きな会社が郡山にあるんだ。しかも、組込もやっているし!といった出会いでした。
Yさん
私はFCSで3社目なんです。学生時代は工学部の情報系で。しかし最初の就職ではまったくの異業種でした。私のエンジニアとしてのスタートはその後、郡山にUターンしてから。FCSよりも規模の小さな会社に就職して組込系の開発に関わっていました。35歳を迎える前にさらにキャリアアップしたいな、と思って。同業界なのでFCSの存在は知っていました。
Jさん
地元の工業高校出身です。情報系の勉強をして卒業後、郡山市にあるソフトウェア開発会社に就職しました。大体2年しないぐらいでそこを辞めて。以前勤務していた会社には逆にFCSの出身者なども居たことから、FCSのことは知っていました。退職後、真っ先にFCSのウェブサイトで中途採用の募集要項を見たのですが応募条件が合わずに一度あきらめて…。結果的にはリクナビ経由でFCSと面接できる運びになり、採用に至っています。

皆さんの立場から見たFCSは?

Kさん
収入面ではやはり東京時代の所得と同じようにということにはなりません。しかし、そこはUターンしてくる時点で理解はできていたので。要はライフスタイル次第なのかなと思います。しかし何よりも環境面では働きやすくなりましたね。窮屈ではないと言えます。FCSは子育て世代には理解のある会社だと思います。例えば家族が具合が悪い時に早退など時間的な融通が利いたり。もちろん制度上、あって当然なことなのですが「それはこっちでやっておくから」なんて周りが調整してくれたりもします。アットホームな社風がありますね。そういった文化や価値観は諸先輩がつくり上げてきたものなんでしょうね。
Yさん
思いやりのあるスタッフが多い、ということではKさんと同感です。仕事としては、私は今は業務システム開発の部署に所属しています。前職では組込系のみでしたので、エンドユーザーはあまり見えない立場でした。お客様の社内業務システムなどに携わっていると直接エンドユーザーさんとお話できる機会があります。目の前で反応が得られる楽しさがありますね。
Jさん
私はまだ入社1年に満たないので、先輩たちの感じ方とはちょっと異なりますが、一番の大きな違いは時間です。前の職場では…、結構頑張っていたので(笑)。FCSではある程度時間の融通が利く。自分の時間が持てるという印象です。技術的にも新しい言語にチャレンジできています。スキルを高めるためにもどんどん新しいものに触れてきたいですね。可能性と言う意味でもFCSの業務範囲の広さは魅力です。

FCSの魅力、強みとは?

Kさん
FCSは新しいことにチャレンジする会社。福島県に事業所があることで意味付けされたテーマもありますが、キーワードで言えば、再生可能エネルギー、医療、ロボット関連、地中熱利用システム…など。様々な産業と情報技術はこれからも密接に関わってくることになると思います。新しい産業が郡山に根付いていけばいいなと思います。私の立場でお話することでもないですが、会社のこういったチャレンジ精神もひとつの社風と言えるのかも知れません。
Yさん
数多くある開発会社の中には、私の以前の勤務先のような組込に特化していたり、一部の設計だけ、プログラムだけなど工程の一部のみを受託する会社もたくさんあります。FCSは組込・制御から業務システムまで幅広い。しかも上流である要件定義から開発まで行っています。地方のシステム会社として総合力が高いと思っています。地元のお客様が地元の開発会社にアタマから依頼できることは重要です。
Jさん
現在は大規模プロジェクトの製造工程携わっています。Yさんのお話にもあったように、地方の会社でも上流から一番下まで一連の工程を一貫して関われる体制があることが魅力だと思います。

これからチャレンジしたいことを聞かせてください。

Kさん
やはり、システム開発の仕事に就きたいと思っても、感覚的に地元で働きたいと考える人も居ますし、諸事情で自宅から通勤したい人もいます。ですので、福島県(郡山市)にこの規模のシステム会社があることには意義があると思います。一人の力で叶うことではありませんが、ひとつひとつのプロジェクトに誠実に取り組むことがFCSのブランド価値を高めることに繋がり、福島県内外の様々なお客様と仕事を通して関われているのだと思います。そう言う意味では変わらず目の前の仕事と丁寧に向き合う、これに尽きますね。
Yさん
入社して1年半経ちました。開発の経験はあったとは言え、要件定義から運用保守までの一連の流れを今はじめて経験している途中なんです。これから入る運用保守を実際に経験して、各フェーズにおけるスキルをしっかり身に着けたいと思います。将来的には福島県から発信できる「何か」に関わっていきたいなと思います。
Jさん
私はまずは自身のスキルアップを目指します。各種資格取得試験に向けて勉強していきます。また、多様な価値観を持つ諸先輩や上司からは日々学ぶことは多く、個人のスキルアップ以外にもFCS社員の一人としてできることを見つけていきます。

PAGE TOP